HOME>Review>中古マンションを購入するきっかけとは【購入者による声】

中古マンションを購入するきっかけとは【購入者による声】

マンション

中古マンションを購入しようと決断するきっかけは人それぞれとなっていますが、中古マンションであれば新築よりも安値で購入することができます。また、賃貸だと傷など気になりますが自己物件にすることで生活をする上で気になる部分も減らせることができるでしょう。

クチコミ

子供が生まれたので購入することを決めました[30代/女性]

お腹に子供が出来、30歳を超えた時無事結婚出来ました。そんな夫は、とてもやさしくて、母と同居を認めてくれました。その理由として子供が産まれても、母親に預けることが出来、おかげで仕事を辞めずに済むからでした。長期の休暇をもらえる時代にはなっていますが、同僚に迷惑をかけることを考えると早く仕事に復帰することを考えてしまいました。夫婦で話し合った結果、現在住む賃貸マンションに住むより、東京都内で中古で良いので部屋数のあるマンションを購入することにしました。本来なら新築のマンションが欲しかったのですが、部屋数の関係もから予算が中古マンションまでしか考えることが出来ませんでした。また賃貸に住むことで、子供が大きくなり壁などにいたずら書きや傷を付けることなどを考えると、自己物件に住むことが望ましいと言う話しになったからです。しかし、キチンとリフォームすることで内装も新築同様になり、快適な暮らしを過ごすことが出来ています。

親との同居がきっかけです[30代/男性]

地方の高校から東京の私大へ進み、そのまま東京都内で就職しました。卒業後地方に帰ることも考えたのですが、地元では人口減が進み、街の発展も望むことが出来ないことから、都内での就職を選びました。しばらく経ってから地方に住む親も、片親になったことから、親と一緒に住む決心をしました。まだ若いと言い張る親ですが、近い将来を考えると一緒に住むことの方が良い結果を生むと考えたからです。そこで賃貸マンションから自己マンションに住むことにしたのですが、結婚も控え、子供が出来ることを予想すると、部屋の数が多くあるマンションが必要になります。新築のマンションでは、予算が伴わないことから、中古マンションを探すことになりました。数多くの物件があり、その中でリフォームをしても予算オーバーにならないマンションを見つけることが出来ました。中身は、新築同様になり、不満のない暮らしを送っています。