HOME>コラム>即決は危険!不動産の物件探しで知りたい注意点とは

即決は危険!不動産の物件探しで知りたい注意点とは

間取り図

現地へ行き内装や外観をチェック

安全に暮らせる住宅を購入するためにも、茅ヶ崎の不動産物件を即決で購入するような事はせず、現地まで足を運んで調査を行ってください。物件の内装を調べる際には、現地で日当たりの良さを隅々まで確認する事を推奨します。不動産会社のウェブサイト上に掲載されている写真のように、十分な日照量を確保できる物件なのか、現地で見学をするだけで確かめる事が可能です。外は天気が良いにもかかわらず、曇りの日のようにリビングが暗く感じるような物件では、明るい気持ちで生活を過ごしにくくなります。住宅の外観を確かめる際には、デザインの良さを確認するだけでなく、外壁に付着している砂ぼこりなども調べてください。まだ建築されてから間もない物件であるにもかかわらず、大量の砂ぼこりで外壁が汚れている物件は、購入後にも壁の掃除を面倒臭く感じる可能性もあります。

住宅模型

周囲の環境や利便性の確認も大事

住宅の居心地の良さは物件自体の機能性だけで決まるものではなく、周囲の環境にも大きく左右されます。道路から近い物件を購入するか迷っている際には、現地で物件の中を見学させてもらい、道路側から届く音の大きさを確かめてください。茅ヶ崎の不動産であれば、物件を見学している最中に窓を開けさせてもらえるので、窓を開けた際の道路側からの騒音もチェックできます。自動車やバイクのエンジン音があまりにも大きく感じるのであれば、この物件を購入するのは止めておこうかと、その時点で決める事も可能です。大きな道路の近くにある物件であっても、十分に静かに感じられる物件は多いですから、道路の付近にある値段の安い物件は要チェックです。