HOME>コラム>不要なマンションは買取がおすすめ【売却の基礎知識】

不要なマンションは買取がおすすめ【売却の基礎知識】

マンション

マンションを売却する方法

マンションを売却する方法には2つあります。一つはマンションを一般の買主に買ってもらう「仲介」というやり方と、もう一つは、マンションを不動産屋に直接買ってもらう「買取」というやり方です。「仲介」の場合ですと、買ってくれる人が現れるのを待たなくてはならなくなり、時間がかかってしまう恐れがあります。しかし「買取」だと不動産屋がじかに買い取ってくれるため、流動性の低いと言われる不動産ですが、売った物件のお金が比較的速く入ってきたり、住み替えを検討していたりする人なら、素早く新しい住居に移れるというメリットがあります。以上のように、その二つがマンションを売る時の主な方法ですが、双方メリットデメリットがあります。

空き部屋

売却手続きの流れ

まずは不動産屋に相談をして、どこの業者に売るか決めたら、売りに出したいマンションを不動産屋が査定します。査定は簡単な目視から、リフォームなどを施こしているのかや、電気、ガス、水道などの状況も調査することになります。そして、買取出来るのかどうかの可否を売主に伝えることになります。その後、価格等の説明などの後に、業者との売買契約を結びます。契約が成立したら、めでたく売買成立です。ここで「仲介」の場合ですと、不動産屋に仲介手数料を払うのが常識なのですが、「買取」の場合はそれが発生しません。そこも買取の嬉しいところです。そして、買取した不動産屋からお金が振り込まれます。大きな金額のため、直に手渡しすることはないでしょう。その後引っ越しを始める、という流れになります。